ゴム印の購入


公的な文書での効力が無いゴム印ですが、普段使う印鑑としては最も頻度が高いと言えるでしょう。実印などは購入の際にも気を付けなければならないポイントも多く、慎重に販売店や印鑑を選ぶこととなりますが、その点、ゴム印の購入に関してはもっと気楽に行えます。

最近では通販サイトを利用して印鑑を買うといった方も増えています。ゴム印は素材の性質上、いざ使おうといったときに久しぶりに取り出してみたら文字が潰れてしまっているなどといったトラブルもあり得ます。慌てて街のはんこ屋に行ってみたらもうお店が閉まっていたなんて経験がある方もいるのではないでしょうか。そんなときに通販サイトであれば必要な印鑑をすぐに注文することができます。即日発送や送料無料などのサービスを行っているサイトも多いので便利です。また、デザイン、種類が豊富なため選択肢も広がります。

オーダーメイドでご自身の名前や住所などが入ったゴム印を作る際に気を付けたいポイントとしては、あまり多くの文字数を詰め込まないということです。実際に紙に押印してみたら思っていたよりも文字が見にくいなんていうこともあります。そういったことを避けるためには、文字数やフォント、文字間隔などに気を付けて注文するように心がけましょう。

ゴム印の注意点


法人印鑑や個人での認印などで使う機会の多いゴム印。印鑑の専門店だけでなく、ホームセンターや100円ショップなど売っている場所もさまざまですし、デザインなども豊富で、印鑑の種類の中でも日常で一番多く触れるものであるため、印鑑といえばゴム印をまず連想するという方も多いでしょう。

日常のさまざまな場面で使えて、気軽に購入することのできる非常に便利なゴム印なのですが、注意するべき重要なポイントがあります。それはゴム印は実印登録することができないという点です。これは法人、個人に関係なく、市役所役場での受付ができないものなっています。

公的に使う実印は特定の人物などであることを証明する印鑑です。登録するものは印鑑そのものというわけでは無く、印鑑にある印影の部分を登録するため、その部分が変形しない、しにくいということが登録にあたって重要なのです。ゴム印はその名の通り印面がゴム素材でできているため、変形しやすく、ひび割れなども起こしやすいと言えます。ですので普段使っている馴染みがある印鑑で実印登録したいといった場合も、受け付けられないケースがほとんどです。詳細についてはご自身が登録される市区町村役場のルールを参照して頂く必要がありますが、ゴム印にはこういった注意点があるということを覚えておきましょう。

ゴム印とは


ゴム印とはその名の通り、印面部分がゴムで作らている印鑑のことを言います。年賀状作成などの際、ゴム印で名前や住所、宛先などをまとめてゴム印で記載したことがある方は多いのではないでしょうか。また、法人や個人事業主の書類作成でも、会社の住所や電話番号などを一つ一つ手書きで記載する代わりにゴム印が用いられていることが多いです。

一般的に多く使われる種類の印鑑であるため、デザイン、種類が豊富にあり、ご自身の好きなデザインなどで選びやすいですし、素材がゴムなので価格も求めやすく、人を選ばず、とても身近な印鑑であるといえます。

木材が土台となっているものや、プラスチックやアクリルが土台となっているもの、そしてインク内蔵型などさまざまな種類がありますし、市販のものでフォーマットが予め用意されているものや、オーダメイドで個人や会社の名前、住所などのよく使用する情報を印字してくれるものもあります。

公的な文書などの重要な書類には使うことのできないゴム印ですが、一番身近な印鑑であるとも言えるので、使う人の個性が表れやすいものであるとも言えます。個人で使う場合には、ご自身のお好きなデザインでこだわったゴム印を作ってみるのもいいでしょう。