ゴムでできた印鑑の選び方


私たちの生活において多くの場面で印鑑を使う機会がありますが、その種類について詳しく知っている方はそう多くないかもしれません。日常のなかで最も使うことが多いのがゴム印であるという方は多いのではないでしょうか。印鑑には用途に応じた種類があり、それぞれの用途に合わない印鑑を捺印してしまっては書類の持つ法的な効力がなくなってしまったりと大きなトラブルに繋がる恐れがあります。普段からよく使うとても身近な存在である印鑑だからこそ、知識を身に付け正しく使いたいものです。

日常生活の中でよく使われるゴム印はその名の通りゴムで作らています。価格も安く手に入るものが多く、さまざまなデザインから選べるのでとても気軽に使えて、親しみやすいものです。最近では100円均一のショップなどでも手に入るようになりました。学校や会社などの書類を作る際、住所や名前などをゴム印で押印しているという方も多いのではないでしょうか。ゴム印には安く手に入り、気軽に使えるというメリットの反面、変形しやすく、ひび割れなどを起こしやすいというデメリットもあります。そのため市役所役場などに登録する実印としては基本的に使うことができません。

また、最近では印鑑の通販サイトも充実してきた為、買い方にもバリエーションが増えてきました。
これからゴム印を買う方や今まで親しんできた方で知識を得たいという方に向けて当サイトではお役立ち情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。