ゴム印の注意点


法人印鑑や個人での認印などで使う機会の多いゴム印。印鑑の専門店だけでなく、ホームセンターや100円ショップなど売っている場所もさまざまですし、デザインなども豊富で、印鑑の種類の中でも日常で一番多く触れるものであるため、印鑑といえばゴム印をまず連想するという方も多いでしょう。

日常のさまざまな場面で使えて、気軽に購入することのできる非常に便利なゴム印なのですが、注意するべき重要なポイントがあります。それはゴム印は実印登録することができないという点です。これは法人、個人に関係なく、市役所役場での受付ができないものなっています。

公的に使う実印は特定の人物などであることを証明する印鑑です。登録するものは印鑑そのものというわけでは無く、印鑑にある印影の部分を登録するため、その部分が変形しない、しにくいということが登録にあたって重要なのです。ゴム印はその名の通り印面がゴム素材でできているため、変形しやすく、ひび割れなども起こしやすいと言えます。ですので普段使っている馴染みがある印鑑で実印登録したいといった場合も、受け付けられないケースがほとんどです。詳細についてはご自身が登録される市区町村役場のルールを参照して頂く必要がありますが、ゴム印にはこういった注意点があるということを覚えておきましょう。